読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアリズムのBlog

スピリチュアリズムの日々の実践を心がけておりますスピリチュアリスト兼カウンセラーのブログです。生まれてこのかた無宗教です。またいかなる思想的団体とも関わりがありません。単独で活動することを信条としています

今朝、霊界の夢を見ました。

こんにちは。こちらではお久しぶりです。 ずいぶん長いこと更新してなくて、すみませんでした。今日、書かなければ!と思ったのは、記事のタイトルのように、久しぶりに(半年ぶりくらいかな?)、霊界旅行してたとおぼしき夢を見たから。その中で「死後の世…

死は霊界に生まれるということ。

こんにちは。今日もヨーロッパで著名な霊媒、ポール・ミークさんの著書、天国の住民が教えてくれること (良書です! ぜひとも復刊を望みます!) から抜粋し、ご紹介したいと思います。 【死への道のり】 この世から霊界に移行するための準備は個人によって…

幽体(オーラ)の構造について

今日は、幽体(オーラ)について、近藤千雄先生の記述を参考に、書いてみたいと思います。下のイラストの、人間の身体の周りを一回り大きく囲むように、白抜きされている部分が幽体です。 私は、別名アストラル体、感情体 と呼んでいます。 古神道では、和魂…

霊性の進化の段階(3)

「霊的進化の段階」シリーズ最終回です。霊的進化の段階(1) 霊的進化の段階(2)こちらの本を参考にさせていただいています。 アランカルデックについて(ウィキペディア) → こちら 霊の書〈上〉 霊の書〈下〉【最高次元・段階】1つのみ。 純粋霊や最…

霊性の進化の段階(2)

前回の記事の続きです。 なお、このテーマの記事は全部で3つあります。 霊的進化の段階(1) 霊的進化の段階(3)こちらの本を参考にさせていただいています。 アランカルデックについて(ウィキペディア) → こちら 霊の書〈上〉 霊の書〈下〉 霊性の発…

霊性の進化の段階(1)

世界三大霊訓と呼ばれるものの一つである、アラン・カルデックの名著「霊の書」からピックアップした知識をここにまとめ、記録しておきたいと思います。 なおこのテーマの記事は全部で3つあります。 霊的進化の段階(2) 霊的進化の段階(3)アランカルデ…

霊界から見た「痴呆症」の仕組み。

今日も名著、「個人的存在の彼方」のF・マイヤース霊からの通信メッセージを参考にさせていただきたいと思います。 霊界から通信してきたマイヤース氏と、それを受け取った自動書記霊媒のカミンズ女史 フレデリック・マイヤースとは?(Wikipedia)お借りし…

人の成り立ち ー 肉体と霊体

スピリチュアリズムでは、私たち人間の実体は、霊(魂)であると考えます。これらの情報は、1848年のハイズビル事件を発端として始まった、スピリチュアリズム(心霊学、心霊主義)の研究から明らかにされてきたものです。そして時を同じくして、(今と…

幽霊の正体は?

少し前に、日本画家の松井冬子さんが、「幽霊画に描かれている幽霊は、人の苦しみや哀しみを表現している」と語ってらした。子どもの頃、墨絵で書かれた幽霊画を観たことがある。 あまりの恐ろしさにショックで震えた。 そして、「実在の幽霊はみなあんな姿…