スピリチュアリズムのBlog

スピリチュアリズムの日々の実践を心がけておりますスピリチュアリスト兼カウンセラーのブログです。生まれてこのかた無宗教です。またいかなる思想的団体とも関わりがありません。単独で活動することを信条としています

■ 死んだらどうなるのか?

霊の世界の『天国』とは

こちらの投稿は、本館ブログ(7/19付) で投稿したものを、一部加筆修正したものです。みなさんの心が安らぎと平和に満ちるためのお手伝いができますように。 ++++++++++++++++++++ 今日は 「天国の様子」 について書いてみたいと思…

孤独死ナンテコワクナイヨー(と、美輪さん風に 笑)

こんにちは。 こちらではお久しぶりです。 さて、先ほどとあるネットのコラムで「孤独死を恐れる風潮がある」 みたいな内容を見かけました。 そこで私は 「スピリチュアリズムの知識があれば、怖がる必要なんてないのに??」それと 「人を脅かし、怖がらせ…

『天国の住民が教えてくれること』

ヨーロッパで活躍中のミディアム(霊媒師、チャネラー)である、ポール・ミークさん。 その自伝、『天国の住民が教えてくれること』を初めて読んだとき、私はもう感動で最後まで涙・涙でした。 また、どれほどの霊能力があっても、その人のモラルや人格も同…

【魂の故郷へ向かうプロセス】

※2015年10月17日に公開していたものを再掲しています こんにちは。今日もヨーロッパで著名な霊媒、ポール・ミークさんの著書、天国の住民が教えてくれること (良書です! ぜひとも復刊を望みます!) から抜粋し、ご紹介したいと思います。 【魂の…

死後の、霊界生活事情としきたり(その2)

こんにちは。早速ですが、昨日の記事 の続きです。 (16)転生への最初のステップは悔い改めだが、それだけでは十分ではない。 引き続き、償いが求められる。 過ちの残滓を消し去るためには、悔い改めと贖い、賠償の、この3つの条件は不可欠である。 悔い…

死後の、霊界生活事情としきたり(その1)

こんにちは。 久しぶりの更新になってしまいました。 みなさま、お変わりなくお過ごしでしたでしょうか?さて、今日は、世界で初めてスピリチュアリズムの協会を立ち上げて普及に努めた "スピリチュアリズムの父"であり、世界三大霊訓の一つ、「霊の書」の著…

死は霊界に生まれるということ。

こんにちは。今日もヨーロッパで著名な霊媒、ポール・ミークさんの著書、天国の住民が教えてくれること (良書です! ぜひとも復刊を望みます!) から抜粋し、ご紹介したいと思います。 【死への道のり】 この世から霊界に移行するための準備は個人によって…

王さまから物乞いに生まれ変わった霊が語る実話から

今日の記事は、アラン・カルデックの「霊との対話」 II から内容の一部をお借りして、読みやすいよう修正を施して、ご紹介してゆきたいと思います。ちなみに、私はこの本の出版元が宗教団体であることには強い違和感を感じていますが、それとは別に、特にス…

死後に行われる、霊たちの悔い改めの様子

今日の記事は、アラン・カルデックの霊との対話 という本からお借りします(ブログ用に読みやすくするため、所々加筆修正を加えてあります)。出版先が宗教団体であることには強い違和感を感じていますが、それとは別に、浅岡先生の訳も内容も素晴らしく、特…

他界後と悔い改めのこと

人間が、肉体の死を迎えると、まず霊体が離れます(正確には、霊体と肉体をつないでいるシルバーコードが切れてから、霊体が離れます) その後、早ければ数日、遅い人で(ショック死や長く患っていた場合ですとか)月単位という長さの場合もあるようです。こ…

亡くなった直後の父の動揺。

かねてから予定していたことが昨日ようやく一区切り。どうしてもお盆前までに済ませたかったので、まぁギリギリにはなってしまったけれど、それでも何とか間に合わせることができた。 そしたら何だか、集中の糸がぷつんと切れたというか、脱力。*****少…

死のプロセス

(肉体の)死後、私たちはどうなるのか? 今回はスピリチュアリズムの情報を元に、そのプロセスについて、まとめてみたいと思います。ただし必ずしもここに書いた内容がすべて真実であるとは断言できません。 また、これからご紹介するパターンは、病死や老…

霊界の様子

今日は世界三大霊訓の一つである、アラン・カルデックの名著「霊の書」からピックアップした知識をここにまとめ、記録しておきたいと思います。アランカルデックについて(ウィキペディア) → こちら霊の書〈上〉 霊の書〈下〉 Q.初期の霊は自意識がないの…

ジェフリーさんのチャネリング(交霊)セッションを受けました。

そろそろお盆近くで、故人と人間がコンタクトしやすい時節柄となりました。 そこで今日は、チャネリングと呼ばれる死者との対話(交霊)について、書いてみます。 **** 先に旅立たれたかたたちは、いつも異界から、地上に残してきたそれぞれの大切な人た…

死んだらどうなる?(2)-死後のプロセス

昨日の続きです。今回もこちらの本からお借りしました。 シルバーバーチの霊訓 第三巻 より:::::::::::::::::::::::::::::::::P15さて、以上はすべて平和時の話です。 これが戦時下になると、いろいろと問題が厄介にな…

死んだらどうなる?(1)-死後のプロセス

こんにちは。数年前にNHKの番組で観ていてすでにうろ覚えなのですが、チベットでは数千年もの昔から輪廻転生の事実が認められており、また研究も盛んで、世界中から知識が集められていたとのこと。 なのでチベットは "生まれ変わり" の研究では世界でもト…