読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアリズムのBlog

スピリチュアリズムの日々の実践を心がけておりますスピリチュアリスト兼カウンセラーのブログです。生まれてこのかた無宗教です。またいかなる思想的団体とも関わりがありません。単独で活動することを信条としています

■ 自殺をするとどうなるのか?

霊や死後の存続を認めがたい理由。

※ 2015年11月に公開していた記事を再掲しています 霊や、死後も霊界で生き続けるということを、どう理性的に考えても否定できなくて直感的に(素直に)確信している人もいらっしゃれば、頭から全く受け入れられない人たちがいらっしゃいます。その差が…

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(3)

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(1) 霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(2) 迷える霊(スピリット)との対話 ― スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年 C.A.ウィックランド著 近藤千雄訳 (絶版) 恋人と心中した男性のス…

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(2)

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(1) 霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(3) 霊の書 アラン・カルデック著 近藤千雄訳第四部 一章から〈厭世観と自殺〉― これといった理由もないのに厭世観を抱いている人がいますが、何が原因でしょうか。…

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(1)

霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(2) 霊界通信から ー 自殺をするとどうなるか(3) 『個人的存在の彼方』 Jカミンズ著 近藤千雄訳 より(絶版)P86 自殺我々霊界の者が地上の人間に、自ら命を絶つことだけは絶対にしないようにと警告するの…

スピリチュアリズム ー 不倫と自殺は死後のほうがよほど苦しいです

初めに、私は不倫は(ほぼ)反対です。理由は、スピリチュアリズムの「利他愛」「利他心」の観点から、自分都合の理由で(相手を交わした結婚の誓いの)約束を破るということと、何も知らないパートナーやお子さんの信頼を裏切る行為、だからです。 もし真実…

自殺した霊たちの告白。

今日はアラン・カルデックの本から、自殺した霊の語る会話部分について、補足したり書き直してご紹介してみたいと思います。その前に、この本の原書と著者について、説明させていただきますね。原書のタイトルは、19世紀のフランス人教育学者であり哲学者…

自殺した霊の告白 ケース6

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ● (ケース6 ― 前世で犯した罪の記憶にさいなまれて自殺した男の霊による通信) カナダ銀行の支店の会計係であったアントワーヌ・ベルは、1865年2月28日に自殺した。 そして20年前から彼と知り合…

自殺した霊の告白 ケース1

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ● (ケース1 ― 公衆浴場で自殺した身元不明の男性の霊による通信) 1858年4月7日の夜7時頃。 パリの公衆浴場の中で、身元不明の男性が、自分の喉を切って自殺しているのが発見された。 死後6日経っ…

自殺した霊の告白 ケース2

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ● (ケース2 ― 投身自殺をした男性の霊による通信) 1863年2月12日、ルアーブルにおいて催されたスピリチュアリズムの集会において行われた交信の記録。 霊が自ら降りてきて語る。 「あぁ、これほど…

自殺した霊の告白 ケース3

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ●(ケース3 ― 婚約者の不実への激しい怒りから自殺した男性の通信) (彼の自死までのいきさつをかいつまんで説明します。 ルイという靴職人が、ヴィクトリーヌという名の縫い子に言い寄り、二人はもうすぐ…

自殺した霊の告白 ケース4

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ● (ケース4 ― 高学歴の無神論者の霊による通信)JD氏は高等教育は受けておらず、骨の髄まで唯物主義がしみ込んでおり、神も魂の存在もまったく信じてはいなかった。 死後2年たってから、義理の息子の依…

自殺した霊の告白 ケース5

『自殺した霊たちの告白』トップページはこちら → ● (ケース5 ― 破産が原因で自殺した男性霊による通信)フェリシアン氏は裕福で教養があり、善良な性格の、霊感の強い詩人だった。 また親切で思いやりに満ちあふれており、人々から大変尊敬されていた。 …

『メリークリスマス!』

こんにちは。今日はヨーロッパで活躍されている著名な霊媒、ポール・ミークさんの天国の住民が教えてくれることから、お借りしました。はじめてこの本を読んだ時、心を打たれる実話ばかりで、最初から最後まで涙腺が緩みっぱなしでした。 残念ながら、絶版に…

神とは愛であり、希望であり、喜びです。

こんにちは。真のスピリチュアリストであれば、死後の存続や霊界の存在を信じていますし、また、自分たちが地上に生まれてきた理由も知っています。 それらは大まかに2つ。「前回の生で犯した過ちや後悔を清算すること」と、「利他愛や奉仕を通じて、魂の霊…

スピリチュアリズムからみた 自殺後の現実。

こんにちは。 今日の記事は下記の本を参考にさせていただいています。個人的存在の彼方 J・カミンズ著 E・ギブス編 / 近藤 千雄 訳 ※自費出版ですので、こちらでしか入手できません 通信を送ってきた故マイヤース氏と、専属自動書記霊媒カミンズ女史F・マイ…