スピリチュアリズムのBlog

スピリチュアリズムの日々の実践を心がけておりますスピリチュアリスト兼カウンセラーのブログです。生まれてこのかた無宗教です。またいかなる思想的団体とも関わりがありません。単独で活動することを信条としています

マイルールとポリシーについて



ご訪問とアクセス、ありがとうございます。
管理人の、Kay(ケイ)と申します。

静岡在住のスピリチュアリストです。
本業は、主にメンタルケアとしてのカウンセリングと、カバラ数秘術のティーチングをさせていただいています。

詳細なProfileは こちら(Homepage)【別窓】 でごらんくださいませ。

*****

スピリチュアリズムとは、「霊は実在する」「私たちは死なない=死後の世界が実相である」ということを研究および実践している、れっきとした学問です。

スピリチュアリズムは宗教ではありませんので、もちろん布教や勧誘もいたしませんし、活動の母体となる組織があるわけでもありません。
その活動は、とても個人的で、そして自由なものです。

そのため私も、こうした行為や活動は、すべて自発的かつ単独で行っています。

また、私は生まれてこのかた無宗教者ですし、これからもどこかの団体に属して、スピリチュアリズムの活動や実践をするつもりはありません。
それはすべての人にとって、自身が行くべき道は、なるべく周りに感化されず、自分の感性や力で見つけて歩いていくのが一番理想だと考えているためです。

スピリチュアリズムの活動をしておりますのは、私も皆さん同様、「誰にとっても平和で住みやすい社会になったら、どれほどいいだろう、私自身もどれほど暮らしやすいだろう」と、そうなることを心から望んでいるからです。
それには「私たちは本当の姿は何か?」を教えてくれる、スピリチュアリズムの知識が有効じゃないかな?と思っています。

またこれまで、単独または複数人で、様々な心霊現象を目撃もしくは体験しておりますため、霊の実在は確信しております。

ですが普通の一般人で、霊媒師でも霊能者でもありません。

******

そのような自分にとっての 『スピリチュアリズム』 と 『マイルール』 は以下のようなものです。

●人は霊であり、地上生活を終えた後(死後)は本来の霊へと戻り、そののち、自分の霊的人格の完成度にふさわしい霊の居場所(霊界)に移動して生活を送るという思想。 霊実在主義。

●心霊現象とそれに関する科学的な研究(心霊学)が行われている
いかなる心霊現象もそれに伴う情報も、できるだけ自分の主観を挟まずに、客観的・理性的に捉えるべきである。

●宇宙を創造し、秩序を保つための働き(エネルギー)を、創造主もしくは神と考える。 特定の人物や偶像崇拝をするものではない。

●宗教ではないのであがめる対象がない。儀式もない。
また霊能力や特殊能力、神秘現象や秘儀に傾倒する、オカルトとも異なる。
金銭等の物質的な利益や権力、地位名誉名声への関心はありえない。
少しでも自分自身を、霊的完成形に近づけさせることが、目指すゴールである。

●「私たちはいったい何者なのか?」、「なんのためにこんなにも住みづらい"ここ"で暮らしているのか?」、「なぜ最後まで寿命をまっとうしなくちゃいけないのか?」、「どうして自分を高める努力をしていかなければいけないのか?」
スピリチュアリズムの知識は、そうした疑問の答えをもつものである。

●創造の秩序・法則(神、創造主)について正しい知識を知り、物質生活との間でバランスを取りながら「適切」に実践してゆくこと。
けれどもスピリチュアリズムを受け入れるかどうかの判断は、本人の自由意思に基づいて決定され、その人が自発的に行うことを尊重すべきである。
第三者を積極的に勧誘してはならない。

●また自由意思を尊重するという意味で、お互いの間で意見の相違があっても、だからといって拒絶したり、排斥しようとはしない。
お互いの立場、存在を認め、平和的に共生や協調をする努力をしてゆく。

●組織化しない。強制や勧誘もしない。 
人が増えると、秩序を保つため、ルールや金、力が必要になってくる。
すると、支配する者とされる者という関係性が生まれたり、また主導権=権力を握る人間が暴走し、メンバー全員を誤った方向へ導いてしまう危険性が高い。
そもそも私たちが最終的に目指す天界のルールは、誰もが平等で公正な愛で結ばれることだ。
霊の修業は、誰の(だれか人間の)主義思想に頼るというのでもなく、できるだけ自分の理性や情を頼りに単独で行っていくのが望ましい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇Hearts in Harmony ◇◇◇ケイサトウ