読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアリズムのBlog

スピリチュアリズムの日々の実践を心がけておりますスピリチュアリスト兼カウンセラーのブログです。生まれてこのかた無宗教です。またいかなる思想的団体とも関わりがありません。単独で活動することを信条としています

"スピリチュアル"と霊能力(その1)

■ 心霊現象について


今から5年ほど前に、ヨーロッパでご活躍のミディアム(霊媒師)ジェフリー・ヘイワードさんのセッション(シッティング)を受けました。

ご好意で内容は全て録音させていただき、これは私にとって大切な宝物の一つになっています。

先日ふと思い立って久しぶりに聞き直してみました。

するといつのまにかすっかり忘れていた「大事なこと」を思い出し、しかもこのタイミングで!?ということだったので、これも、私と関わりのある霊たちの計らいによるものだったのかもしれません。

とにかくその中には、ジェフさんが教えてくれた、これは決して自分からは公言しないようにしようと決めた情報がいくつかあります。
もしも、「あの時、何を言われたか。そして自分でもそれを裏付けられる体験談や知識がある」ということを自ら語り歩いていたら、おそらくみなさんの私を見る目が変わるだろうし、仕事の面でも有利だろうな~と思います。

けれども、もしもそれをしてしまったら、せっかくこれまで努力してきたことが水の泡に。
自分の中の自惚れや過信、邪心が肥大化し、スピリチュアリスト失格になる気がしています。
それで能力が低下するとは思えませんが、でもそれよりももっと大事な、自分の"死後"の未来が変わってしまう。。。

ジェフさんも、私がスピリチュアリストでい続けるのを選ぶであろうことも見越して、あのような言い方やお話をしてくださったような気がします(欲望に負けないかどうかを試されてるのかも?)。

なので、そっと自分の胸にしまっておきつつ、霊界までもっていかなければと思っています。

といったことを考えていましたら、ふと、昔の友人たちのことが頭によぎりました。

*****


今から20数年ほど前のこと。

ひょんなことから、人の心が読めるサイキックの女性と知り合い、友だちになりました。

別の友だちから初めて紹介された時にそう聞いた時は、半信半疑だったんです。

けれどそのうち、それは本物だということがわかりました。
なぜなら、テレパシーだけで会話が成立したことが何度もあったから、です。
(彼女のように訓練を受けている場合、彼らのサイキック能力は、主に、サイキックを使おうと意識した時に機能させることができます。 優れたサイキックほどむやみに働かせることはなく、適切にコントロールしています)

彼女は私が心の中で呟いた質問に答えてくれました。
どんな質問かは忘れましたが、それは例えば「昨日何して過ごしてた?」「うん、午後から友だちと映画を見に行ってきたよ」みたいな、ピンポイントの具体的なやり取りでした。

とにかく、「こう言う人っているんだ?」って、本当に驚きました。

ちなみに彼女はその能力を見出され、スプーン曲げの清田さんと一緒に、サイキック開発のトレーニングを受けていたことがあると、話してくれました。
そこは、おそらくみなさんもご存じのある有名な研究家が始めたもので、サイキック能力がある子どもたちが全国から集められ、訓練を受けてたそうです。
けれど、内容が内容だけに「ごくごく秘密な集まり」(笑)だったようです。

そんな彼女は、精神世界系やオカルトに詳しい人でした。
またそちら関係の友達や知り合いも多かったようです。
ただし、その他の友だちづきあいはほとんどなかったようです。
それは、「口で言ってることと思っている人がどれほど多いことか。 腹黒い人ばかりで一時期人が信じられなくなってしまった」と話してたことと関係しているのかも。

ある日のこと、東京の阿佐ヶ谷と言う所で、彼女の知り合いのハワイ在住のサイキックアーティストが絵の個展を開くから一緒に行かないか?と誘われました。

そういう体験も催しも初めてだったので、ワクワクドキドキしながら彼女についていきました。

そしてその人を紹介してくれて、そしたらその会場に彼ら共通の知り合いの人たちも何人か来てらして、そこで私たちを含めて、みんなで6,7人だったかな?、おしゃべりを始めたんですね。

当時まだ、精神世界やオカルトに疎かった私は、話がちんぷんかんぷんで、聞いているのだけで精一杯。

そうこうするうちに、ふと、「私たちはどうしたら幸せになれるんだろう?」って思ったんですね。
すると、そのサイキックアーティストのかたがおもむろに私の方を向いて、「それはね、風の音を聞いて、香りをかいで。。。そんな風に五感を使うんだよ」 って答えてくれたんです。

まさかのことにびっくりして固まって、ですが咄嗟に頭の中で「でもどうして?」って次の疑問を思い浮かべたら、それに対してもすぐに答えてくれました。

つまり、超能力と申しますか、サイキック(能力)は、普段から五感をよく働かせ、研ぎ澄ませることで開花してくる、とのことでした。
そしてサイキックが開花すれば、直感が冴えるので、自分にとって最善なことや出会いが増えていきますから、なので幸せになれる、ということなんですね。

ということで、本物の(トップクラスの?)サイキックというのは、ここまで出来てしまうんですね。
こういう人たち、いらっしゃるんですよ。
(そうした評判が)表に出るのを避けてるだけで。
なぜなら、そうとわかると、とんでもない依頼をしてくるクライアントさんとかが大挙して押し寄せてくるのをわかっているからです。
宝くじや競馬などの当たりくじのこと、殺人の依頼、お金儲けの話、新興宗教の教祖にならないか?といった誘い、などなどです。
まるである占い師にハマるように、本来は自分で決めなければならないのに、いちいちサイキックに聞いて教えてもらおうとする、ですとか。
とにかく、こちらも無防備に世に出てお仕事をしてしまうと、巻き込まれ、ダメージを受けてしまう可能性があります。
なので、実力派のサイキックたちほど、あまり目立ちたがりません。

とにかく、彼女の他にもう一人、生まれつき素晴らしい能力を持ったヒーラーさんも知っています。

長くなりましたので、それはまた次回に。