スピリチュアル レッスン ー スピリチュアリズムの探究日誌

スピリチュアリズムの学びや経験から得たことや、自分自身の変化を記録してゆきます

2015-08-05から1日間の記事一覧

霊界の様子

今日は世界三大霊訓の一つである、アラン・カルデックの名著「霊の書」からピックアップした知識をここにまとめ、記録しておきたいと思います。アランカルデックについて(ウィキペディア) → こちら霊の書〈上〉 霊の書〈下〉 Q.初期の霊は自意識がないの…

キリストという存在について―スピリチュアリズムから

今日は "キリスト" について、です。今回参考にさせていただいている主な資料は ●『霊訓 下巻 モーゼス著』 ●『永遠の大道 J・カミンズ著』 ● 霊界通信 ベールの彼方の生活 全四巻 です。 最初の2冊の入手先です → スピリチュアリズム普及会自費出版書籍一…

真のスピリチュアリストになるために。

日本のスピリチュアリズム(Spiritualizm。心霊研究)の草分けは、浅野和三郎先生です。 その浅野先生が立ち上げた、心霊科学研究会を復活させたのは、浅野先生のお弟子だった脇 長生さんでした。その脇さんが書かれた本がこちらの本です。 スピリチュアルな…

一生は因果律でできている。

こちらのご本を参考にさせていただいています。 スピリチュアルな生き方原典―日本神霊主義聴聞録 私たちの一生は、因果律で織りだされた織物のよう。今日の幸福も不幸も、その原因を作り出したのは昨日の自分。不幸であっても悲しまないで。今日をしっかり生…

地上の人間たちへの失望。

こんにちは。この記事は下記を参考に書いています。 (注 この本は自費出版ですので、リンク先でしか購入できません)⇒ W・S・モーゼス ウィキペディア ⇒ 霊訓(下巻) ステイントン・モーゼス 著/近藤 千雄 訳 スピリチュアリズム普及会 『霊訓 W・S・…

人の成り立ち ー 肉体と霊体

スピリチュアリズムでは、私たち人間の実体は、霊(魂)であると考えます。これらの情報は、1848年のハイズビル事件を発端として始まった、スピリチュアリズム(心霊学、心霊主義)の研究から明らかにされてきたものです。そして時を同じくして、(今と…

死後の世界(霊界)の構造 ― 宇宙(神)から地上生活へ

「死んだらどうなるか?」死後の世界を考える時、まずは宇宙と霊界の構造を知っておく必要があります。 そこでイラストを作ってみました。誤解があるといけないので、少し説明をさせてください。呼び名や階層の数、内容については諸説あります。 ですが、今…

(守護)霊と通じあう方法

●霊とコンタクトをしたい場合は、心の中で念じたり、語るよりも、実際に声に出して語りかけたほうが通じやすい。 心の中で行うと雑念が浮かびやすく念(集中)は乱れやすいから。 一方で言葉にして出そうと、それにより気持ち(念)をこめやすい●Spiritualiz…